40代男子の主な転職理由とは?面接官への伝え方が大事!

40代で転職したいけど、こんな理由で大丈夫?
転職理由で一番多いのってなんだろう?
面接の時の転職理由はどう話したらいいのかな?

こんな悩みに答えていきます。

40代での転職には、
 

  • キャリアアップしたい
  • 給与を上げたい
  • 今の会社が不満だ

 
のようにいいろんな理由があると思います。

他の40代男子の転職理由も気になるし、面接事にどう伝えていいかわからない部分もあるりますよね。

私も面接の時はしどろもどろになっていました。なので今回は

40代男子の主な転職理由と面接での伝え方を話していきます。

これで40代男子の転職面接は完璧です。

この記事で分かること
  • 40代男子の転職理由にはどんなものがあるか
  • 面接での転職理由の伝え方

スポンサーリンク




40代男子の主な転職理由とは?面接官への伝え方が大事!


 
40代男子の主な転職理由は、
 

自己都合

  • 仕事内容・労働条件・評価・賃金・会社の未来への不満や不安
  • 自分や家族の環境変化や健康状況
  • 自身のキャリアプランの変化
  • 人間関係
  •  
    会社都合

  • 倒産・解雇・人員整理
  • 契約期間の終了
  •  
    です。

    40代男子の主な転職理由は、大体この中に入っていると思います。

    ポジティブなものネガティブなものまで様々ですね。

    これらを詳しく見ていきます。

     

    自己都合による40代男子の転職理由

    はじめは自己都合による40代男子の転職理由です。

    仕事内容・労働条件・評価・賃金・会社の未来への不満や不安

    自己都合の中では、これらの不満や不安が転職理由になることが多いと思います。
     

    • ずっと営業畑でやってきたが、急に別の部署に回されて納得できない
    • 日勤帯で仕事をしていたのに、急に深夜勤務を含むシフト制になった
    • 自分は誰よりも結果を出していたのに、仕事をしていない先輩の評価が高い
    • ベースアップはこれから難しいと言われた
    • 会社の業績が右肩下がりでよくなる気配がない

     
    いずれも会社の環境や体制に、自分を合わさるのが難しいと言ったケースが多いです。

    そこで納得がいかないのであれば、転職という選択肢を選ばざるを得ません。

     

    自分や家族の環境変化や健康状況

     

    • 子供を県外にある私立の学校に通わせたい
    • 奥さんのお父さんの介護をしなければならなくなった
    • 自分が体を壊してしまって、もっと負荷のかからない仕事につきたい

     

    40代になると子供が大きくなったり、親が介護が必要な年代になってきます。

    これらの理由が転職理由になる40代男子は多いです。

     

    自身のキャリアプランや働き方の変化

    • もっと年収を上げることができる仕事をしたい
    • ベンチャー企業で一からチャレンジしたくなった

     
    自己都合の中でもポジティブな転職理由になります。

    40代で新たなことにチャレンジしたいという男子は結構いるんですね。

     

    人間関係・パワハラ

    • パワハラ上司と良い関係が築けない
    • 子会社に出向になって、新たな人間関係を構築するのがしんどい

     
    いくつになっても人間関係という問題はつきまといます。

    こればかりは改善の余地もあるのですが、40代になるとなかなか難しいというのが本音です。

     

    会社都合による40代男子の転職理由

    次は会社都合による40代男子の転職理由です。

    倒産・解雇・人員整理

    • 会社が倒産して転職を余儀なくされた
    • 経営不振でリストラにあった
    • 早期退職を勧められてそれをのんだ

     
    悲しいかな転職理由で会社の倒産やリストラは多いです。

    私も会社の経営不振からの倒産で、転職をすることになりました。

    40代間近でリストラされても転職すれば逆転可能です【実績あり】

    2019年10月17日
    この転職理由は辞めたくなくてもやめないといけないという、一番ストレスがかかる転職理由です。

    すぐに考え方を良い方向へシフトチェンジしないといけません。

     

    契約期間の終了

    • 契約社員の期間が終わったが、更新できないと言われた

     
    今の40代は正社員ではなく、契約社員などの非正規雇用の人も多いです。

    契約期間が終わっても、その後更新してもらえないという場合も多いです。

     

    スポンサーリンク





     

    以上が40代の男子の主な転職理由です。

    皆さんの退職理由も、当てはまることが多いと思います。

    そこで問題となるのが面接時に転職理由を聞かれた時です。

    ネガティブな印象を持たれてしまうと、採用は難しくなります

    それに職務経歴書や履歴書と情報が一貫していないと、面接官は不信感をもちます

    なので面接時に転職理由を聞かれた際の対処法を、次の項でお伝えします。

     

    面接官への転職理由の伝え方

    転職理由を伝えるときに一番大事なことは、
     

    退職理由

    そこから生まれてきたポジティブな想い

    それを叶えることができるのは御社

     
    という流れで伝えることです。

    こう言った話の流れなら、面接官は転職理由を理解してくれます。

    例文を見ながら、イメージしてみましょう。

    例1. 自己都合の転職理由

    • 自分は同じ部署で営業成績No1だった。しかし年功序列意識が強い以前の会社はそれを正当に評価してくれなかった。
      そこでもっと自分の力を思う存分発揮できるフィールドで戦いたいという思いが強くなった。それができるのは御社しかない。
    •  

    • 業績不振で会社の将来が不安。扱っている商材やサービスが時代にあっていなく、それを変えるのは難しい。
      そんな状況を見ていると、これから拡大していくマーケットで仕事をする自分をイメージしたら、とてもチャレンジしたくなった。
      それができるのは他社にはない商品とサービスがある御社しかない。
    •  

    • 妻の親の介護をしないといけなくなった。私の専門分野はこれだが、以前の会社ではそこに力を入れていて私自身の負荷が重くなっていた。
      それにともない介護にかけれる時間がなくなっていた。介護にかける時間を十分取りたいので、転職を決めた。
    •  

    • 異業種交流会で出会った若いベンチャー企業の社長さんから、新しいことにチャレンジする素晴らしさを教えてもらった。
      それがきっかけで私も新しいことに挑戦している企業で、一からがんばりたいと思った。それは御社でないとできない。

     

    例2. 会社都合の転職理由

    • 以前の会社が経営不振で倒産してしまった。そこで転職しなければならなくなった。なので次に働く会社は伸びしろがある会社を選びたい。
      そして以前の会社で培ったノウハウや知識を、御社であれば思う存分発揮できると思う。
    •  

    • 以前は契約社員で契約が終わり、退会社側の都合で退職の運びとなってしまった。その時に次の会社では自分が前の会社で得た力を発揮できる職場を選ぼうと思った。なので御社を選んだ。

     

    こういったかたちで、

    退職理由

    そこから生まれてきたポジティブな想い

    それを叶えることができるのは御社

    この流れを頭に入れておきましょう。

    そして自分が転職したいと思った理由を当てはめて、転職先の会社への思いをブラッシュアップするのです。

    こうすると自分の転職理由が明確になり、面接官にも想いが伝わりやすくなります
     
     

    〜人間関係・パワハラが転職理由の場合は気をつけよう〜
     
    もし退職の理由が人間関係・パワハラであれば、それは伝えてはいけません。
    なぜならネガティブイメージが強すぎるからです。
     
    この人はストレスに弱すぎるのかな・・?」
    人間関係を円滑に形成するのが得意ではないのかな・・・?
    感情の起伏が激しい人なのか・・?」
     
    と疑心暗鬼になってしまいます。
     
    人間関係・パワハラが理由のときは、上記した自己都合会社都合の中から、関係があるものを選んで転職理由として伝えましょう。

     

    転職理由よりも大事なこと

    面接官に退職理由を聞かれたときの伝え方を書きました、

    もちろんこれらは大事な事なんですが、私は大事なことがもう一つあると思っています。それは、

    自分のこれからの生き方にブレない軸を持つ

    ということです。

    わかりやすくいうと、

    夢・やりたい事・こだわり・人生観

    などです。

    なんだかうさんくさい感じで、ありきたりな感じがしますが・・笑

    でもこれらを持っていると、面接事に言葉に魂がのっかります。

    例えば、

    「私は頑張っている人は老若男女問わずリスペクトしています。以前会社見学をさせていただいた際、御社の社員の皆さんの表情や笑顔はエネルギーに満ち溢れていました。だから私はそんな方々と一緒に仕事がしたいんです。」

    「夢ややりたいことを持って生きていくと、人生に張り合いができる。それは過去にお世話になった人から教えてもらった人生で大事なことです。御社であればその想いを持って仕事ができると感じました」

     
    のようなエモーショナルな言葉で表現すると相手に残る印象が違います。

    もちろんこれらは、小手先で言っても何にも意味もありません

    むしろ見抜かれてしまい、薄っぺらい人だな・・と思われる可能性があります。

    そうではなくせっかく転職という機会がおとずれたのだから、自分の人生を見つめ直すきっかけにしようという事です

    改めてこう生きていこう!と決断した40代の男の目は、説得力に溢れる事間違いなしです!

    私も転職活動中に不採用が続きました。

    でもある人の言葉がきっかけとなり自分の人生を見つめ直して面接に臨んだ結果、採用をもらいました。

    40代で転職をすることになったら、人生の棚卸しをしましょう。

     

    40代男子の主な転職理由とは?面接官への伝え方が大事!まとめ

    今回は、
     

    • 40代男子の主な転職理由
    • 転職理由の面接官への伝え方

     

    について話してきました。

    40代の転職の面接は、就職活動の時より緊張するものです。

    私も何度もちびりそうになりながら、面接を受けては落ちる日々でした・・・・。

    でも40代の転職理由は大体同じ場合が多いです。

    自分の転職理由を客観的に分析してポジティブに伝えれば何にも問題はありません。

    もし40代男子がスムーズに転職を勧めたいのであれば、転職エージェントの利用をおすすめします。

    転職エージェントは、
     

    • 履歴書の添削・非公開求人
    • 自分にあった求人の紹介
    • 面接日程の調整

     
    などを行ってくれる転職のプロが集まる企業です。

    私も転職エージェントの利用で、転職を成功させることができました。

    詳細は以下に書いていますので、読んでみてください!
    ⬇️

    40代で転職したい男性は転職エージェントを利用しよう

    2019年11月8日
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です