40代の塗装業を辞めたい男子が取るべき行動【おすすめ転職先も教えます】

40代で塗装業してるんだけどもう辞めたい!どうすればよい?
40代で塗装業は辛い・・・!転職したいけど仕事あるの?

こんな悩みはありませんか?

40代で塗装業は体力的にかなり辛いし、辞めたくなったり転職したくなる気持ちわかります。

そのため今回は、

  • 塗装業を辞めたい40代男子がやるべきこと
  • おすすめの転職先

 
について解説していきます。

これを読めば塗装業を辞めたい40代男子は理想の転職先に出会い、新しい一歩を踏み出しているはずです。

最後まで読んでみてくださいね。

【〜本編に入る前に〜】

この記事を読んでるということはあなたの中で、

40代で塗装業は辛いから辞めてすぐ転職したい!

という気持ちがあるんじゃないでしょうか?

正直にいうと、40代からの転職はかなり難しいです。

でも諦めてしまっては何も変わりません。

まずは、転職のプロに相談してみることをオススメします

私自身、40代間近のときに転職エージェントを利用して、今の会社に転職できました。

あなたも自分の可能性を自分で潰してしまう前に、

まずはこちらから転職のプロに相談してみてはいかがでしょうか?

登録後も料金は一切かかりません

〜この記事を書いている管理人竜ノ助の経歴〜
パチンコ屋ホールスタッフ【7年7ヶ月】

医療事務【9ヶ月】

牛乳屋営業【6年6ヶ月】

工場勤務【現在】このように30代で3回の転職を経験しました。

これらの転職経験をもとにこのブログを運営しています。

 

塗装業はどんな仕事?

塗装業とは建設したものに対して色を塗る仕事です。

力仕事である土木作業や解体業と比べても、比較的楽なので人気がある仕事です。

塗装業の働く時間や給与は下記のとおりです。
 

  • 勤務時間:約8:00〜17:00
  • 休日:土日(天候により変わる)・GW・お盆・年末年始
  • 給与:約27万6600円 
  • 賞与:約67万7000円

【出典:「平成29年賃金構造基本統計調査」(厚生労働省)
 
塗装業は屋外での作業になるため、天候に左右されます。

悪天候時は仕事が休みになるので、給与が安定しないこともあるのです。

 

40代が塗装業を辞めたい理由6つ

40代男子が塗装業を辞めたくなる理由はさまざまです。

以下は40代男子が塗装業を辞めたくなる理由6つです。

  1. 危険な仕事
  2. 体に悪い
  3. 収入が不安定
  4. 人間関係が悪い
  5. 汚れがすごい
  6. 福利厚生がない場合が多い

 
これを読めば40代男子が、なぜ塗装業を辞めたくなるかわかりますよ。

詳しく見ていきましょう。

 

1. 危険な仕事

塗装業は結構危険な仕事です。

ほかの解体業や大工などの仕事と比べたら楽ですが、高所作業もありますし夏は暑く冬は非常に寒いです。

熱中症・高所からの落下などは、命に関わります。

40代は20代30代のときと比べて体力がガクンと落ちる年代なので、塗装業はとても危険な仕事なのです。

2. 体に悪い

塗装業は体に悪い影響を及ぼす可能性があります。

ペンキや有機材の匂いが頭痛や吐き気を引き起こしますし、同じ姿勢での作業は足腰を痛めます。

もちろん防毒マスクや専用の手袋そして休憩などもあるので、ある程度は防げます。

しかし体力的にも落ちてくる40代男子にとって、塗装業の仕事環境は決してよいものではないのです。

 

3. 収入が不安定

塗装業は収入が不安定です。

もちろん固定給で行ってる業者ばかりだとは思いますが、大雨や大雪などで何日も仕事がなくなる場合もあります。

40代男子は家族がいる人が多いので、収入が不安定だと養っていけません。

収入が不安定な仕事をしていると、辞めたくなるのも無理はありません。

 

4. 人間関係が悪い

塗装業は人間関係が悪いところが多いです。

職人な親方や親方や気の荒い先輩、暴力やいじめそしてパワハラが横行しやすい仕事です。

もちろんすべてそんな職場ではないですし、改善もされているところもあります。

しかし40代男子にとってそんな人間関係が悪いところにいるのはかなり辛いので、辞めたくなるのは当然です。

 

5. 汚れがすごい

塗装業の仕事はもちろんですがかなり汚れる仕事です。

周りの作業員も同じように汚れるので気にはならないですが、大変なのは家に帰ってからです。

水性塗料ならよいですがそうでない場合、家での洗濯がかなり大変で家族にも迷惑をかけてしまいます。

それ以外にもだ爪や顔につくとなかなか取れないので、うんざりする40代男子は多いでしょう。

 

6. 福利厚生がない場合が多い

塗装業は福利厚生が整っていないところが多いです。

有給取得制度がいい加減だったり福利厚生制度を会社自体が把握していない、手続きに時間がかかるなどなかなか利用できません。

もちろん塗装業者によって違うと思いますし、きちんと整備しているところもあります。

しかし今いる業者が福利厚生をいい加減にしているなら、40代男子が辞めたくなるのも無理はありません。

 

塗装業の将来性

塗装業の将来性について解説します。

塗装業の将来性は以下のとおりです。

  1. 住宅塗り替えの需要は拡大しつつある
  2. 雇用されているだけなら給与は変わらない

 
これを読めば40代男子の塗装業の将来がわかります。

詳しく見ていきましょう。

 

住宅塗り替えの需要は拡大しつつある

住宅塗り替えの需要は拡大しています。

今新築住宅はどんどん建てられていますが、リフォームをして塗り替えをしたいという人が増えています。

人口減少で空き家が増える中、中古物件を買い取ってリフォームする人も増えているのです。

人間が住み建物が無くならない限り、住宅塗り替えの需要は減少しません。

 

雇用されているだけなら給与は変わらない

雇用されているだけであれば、給与は変わりません。

リフォームの需要は拡大していますが、業者は仕事を取らなければならないし費用もかかります。

独立し自分で塗装業を始めるのであれば違いますが、かなりのリスクをともないます。

雇用されている状態で給与を増やしたいのであれば、転職か副業をするしかありません。

転職か副業に関してはこちらでも書いています。

40代男性の副業おすすめ5選〜不安なら今から備えるべし!

2019年11月24日

40代で転職に失敗したくない男性は転職エージェントを利用すべき

2019年11月8日

 

40代で塗装業を辞めたい男子が取るべき行動

40代で塗装業を辞めたい男子がとるべき行動は転職です。

理由は以下のとおりです。
 

  • 塗装業を続けていると、危険を伴うし体力的もたない
  • 人間関係の悪化で精神的に辛くなる
  • 福利厚生がいい加減で給与が不安定だと、安心感がない

 
しかし40代男子では、転職先があるかどうかの不安があると思います。

この項では40代で塗装業を辞めたい男子のおすすめの転職先を紹介します。

これを読めば40代で塗装業を辞めたい男子でも、転職先があるんだと安心できますよ。

 

40代で塗装業を辞めたい男子のおすすめ転職先

40代で塗装業を辞めたい男子のおすすめ転職先はいくつかあります。

以下のとおりです。

  1. 板金塗装
  2. タクシードライバー
  3. 運送業
  4. 工場勤務
  5. 警備員

 
ひとつひとつ詳しく見ていきましょう

 

板金塗装

板金塗装はおすすめの転職先です。

板金塗装は傷ついた車のボディを修理し、同じ色で塗装し元に近い状態に戻す仕事です。

屋外でおこなう塗装業とは違い、屋内での作業ですし気候で仕事が休みにならないので給与も安定しています。

塗料を使うという意味では同じかもしれませんが、板金塗装の方が40代男子には体に負荷がかかりません。

 

タクシードライバー

タクシードライバーもおすすめの転職先です。

タクシードライバーに転職してくるドライバーはほぼほぼ未経験ですし、何より40代以上で転職する人がたくさんいます。

しかも勤務中ある程度自由な時間を確保できたり、逆に頑張れば頑張るほど給与が上がるシステムです。

40代はもっとも喜ばれる年代なので、より詳しく知りたい方はこちらも読んでみてください。

40代のタクシードライバー転職がおすすめな理由【ほぼ未経験者】

2020年8月8日
 

運送業

運送業もおすすめの転職先です。

運送業は何よりも稼げるので、不安定で収入アップの見込みがない塗装業よりははるかによい仕事です。

しかし最初は給与が低かったり、体力的に精神的に辛い場合も多いです。

取得しないといけない免許もありますが、キャリアプランをしっかり立てれば40代男子でも転職は可能です。

運送業への転職についてはこちらでも書いていますので、読んでみてください。

未経験で運送業へ転職したい40代が知るべき事4つ【覚悟があれば稼げる】

2020年8月25日
 

警備員

警備員も40代男子の転職先としておすすめです。

警備員は屋外や立ちっぱなしなど体力的にきつい種類もありますが、選び方を考えれば体力的に楽な警備員も存在します。

ただ年収が低い傾向にあるので、そこは副業でカバーすれば大丈夫です。

一人の時間が取れて体力的に楽な警備員に転職できれば、40代男子はかなり精神的に楽になれます。

40代男子の警備員への転職についてはこちらでも書いていますので、読んでみてください。

警備員の正社員はきついけど働き方で勝ち組になれます【40代男子向け】

2020年9月19日
 

工場勤務

工場勤務はもっともおすすめな転職先です。

理由は40代の求人がたくさんあり人間関係も互いの干渉も少なく、工場の選び方をきちんとすれば楽に働けるところが多いからです。

実際私も40代間近で工場に転職し、給与も福利厚生も満足な仕事ができています。

もちろん全部が全部自分の満足できるところではないかもしれませんが、工場は40代男子にとってかなりおすすめです。

40代男子の工場への転職は下記でも書いていますので、読んでみてください。

40代工場勤務の年収を現役工場男子が教えます【働き方が大事】

2020年9月2日

工場へ転職したい!40代でも大丈夫な理由を経験者が語ります

2019年12月9日
 

40代で塗装業を辞めたい男子が転職する方法

40代で塗装業を辞めたい男子転職する方法は、転職エージェントの利用です。

転職エージェントとは人材紹介サービスのひとつです。

40代からの転職となると、

  • 履歴書や職務経歴書はどう描けばいいんだろう?
  • 何に注意して求人を探せばいいの?
  • 面接では何をどう話せばいいんだろう?

 
というような不安がありませんか?

40代男子の転職は就職活動とまったく違うので、転職エージェントが必要なのです。

転職エージェントであればキャリアアドバイザーが、サポートとアドバイスをしてくれます。

キャリアドバイザーとは、自分に対して転職をアドバイスしてくれる転職のプロのことです。

そんな不安を払拭してくれるべくキャリアアドバイザーは、

  • あなたにあった未公開求人の紹介
  • 会社訪問や面接の日程調整
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • あなたのの新しい可能性を引き出してベストな職業を提案してくれる

などのアドバイスやフォローをしてくれます。

転職のプロが間に入って一緒に転職活動をしてくれると心強いです。そうすると40代でも全力で転職活動をおこなえるんです。

もちろん利用した大卒40代男子全員が理想の仕事に転職できるというわけではありません。

でも一人でおこなうよりも精神的に楽な転職活動ができるはずです。

 

年間4万人が利用する転職エージェント

今日本で転職活動をしている人は年間約30万人いると言われています。

その中の15%の約4万人が転職エージェントを利用しているんです。

1日で約100人が登録している転職エージェント。無料で登録できますし、登録したからといって必ず転職しないといけないというわけではありません。

 
登録しておけば自分に合った求人や、転職可能な求人がメールで届きます。

40代で転職している人はほぼ転職エージェントを利用していますし、私も転職エージェントを利用して今の職場に転職しました。

転職エージェントを利用すれば、40代男子でも自分に合った仕事へ転職できますよ。

⬇️⬇️⬇️

非公開求人10万件以上
無料でリクルートエージェントに登録する

登録後も料金は一切かかりません

 

40代の塗装業を辞めたい男子が取るべき行動【おすすめ転職先も教えます】〜まとめ〜

40代男子で塗装業が辛いと感じている男子がとるべき行動は転職です。

以下は今回の記事のまとめです。

まとめ
  • 塗装業はやめたいと思うような要素がたくさんある
  • 塗装業の未来は拡大するが、給与には反映されにくい
  • 40代男子でも転職可能な仕事はたくさんある
  • 40代で塗装業をやめたい男子は転職すべき

どちらにせよまず行動しましょう。

まずは転職エージェントに複数登録して、求人をいくつかピックアップしてみてください。

登録自体は3分くらいで終わるので、今すぐ登録だけは済ませておきましょう。
 

 

めんどくさがらずに登録を終わらせれば、辛い塗装業から抜け出し新しい仕事を頑張る自分になれます。

登録して求人を見て利用するかどうか判断してもOKですし、解約はメール1通ですみます。

何にせよ今すぐ行動しないと半年後1年後10年後も今のままで、何も変わらずただ歳をとって人生終了しますよ。

人生でもっとも若いこの瞬間に行動しましょう。

40代で転職に失敗したくない男性は転職エージェントを利用すべき

2019年11月8日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です