なぜ40代の給料は上がらないのか?その理由を調べて分かった事

40代だけ平均年収が減っている
40代の年収はこれ以上増えない
40代で手取り25万はオワコン

なんという悲しい内容でしょうか・・・・。気が滅入ります。

確かにそうなのかもしれませんが、アラフォーど真ん中の私にとっては、魂をゴリゴリ削られるような苦しい気持ちになってしまいます・・・涙

この記事を読んでいただいているアラフォー世代のみなさんも、そんな気持ちなのではないでしょうか・・。

でも待ってください!

なんで40代の年収は減っているのでしょうか?なぜ増えないのでしょうか?

今回は、なぜ40代の給料は上がらないのか?それを調べて理由と私なりの解決方を調べてみました。

ぜひ読んでみてください!

この記事ではこんなことが分かります
40代の給料が上がらない理由とその解決法

40代の給料は上がらないのか?その理由を調べて分かった事4つ

なぜ40代の給料は上がらないのか、その理由は

  1. 管理職のポストが空いていない
  2. 40代は人口が多い
  3. 就職氷河期世代でチャンスに恵まれなかった
  4. 年功序列制度が崩壊した

の4つです。

4つもあるのか・・!と悲観してしまいそうですが、これは40代が直接悪いという訳ではなく、かなり運による要素が強いようです。

それでは一つ一つ見ていきましょう。

 

1. 管理職のポストが空いていない

最初は「管理職のポストが空いていない」です。

給料を上げるための方法で一番なのは「昇進する事」です。昇進して管理職に就くことです。

管理職というのは、係長・課長・部長などですね。今この管理職に就いているのは40代後半から50代前半の人達です。40代も入っているのですが、ごく少ない割合となっています。

なぜポストが空いていないかというと、今管理職に就いている人達はバブルの時期に入社した人達の割合が高いです。

この時期は企業が積極的に採用を行っていて、その時に採用された人達が今管理職となりなかなかポストが空いていません

リストラという言葉が聞かれるようになってもう久しいですが、リストラにより大量にそこの人間がいなくなっても、やはりそこに占める割合は多いのが現状なのです。

 

2. 40代は人口が多い

そして「40代は人口が多い」のも理由の一つです。これは先ほどの「管理職のポストが空いていない」という理由にも関係するのですが、40代は団塊の世代ジュニア、いわゆるベビーブーマーに生まれた人達の子供に当たります。

そうなのです、元々の人口がとても多いのです。

もちろん同じ世代でもチャンスをつかみ管理職になる人もいます。でも人数が多いとそこにつくことが出来ない人が大量に溢れかえります

団塊の世代が働き始めて頑張っていたのは、高度成長期。とにかく沢山雇って沢山モノやサービスやシステムをつくって今の日本の土台を作り上げてきました。とにかく人が必要でした。

でもそのジュニア世代となると、あらかた様々なのもが整ってしまった時代です。人はそんなに必要ないんですね・・。

なので一部の管理職の人は昇進コースに乗ることが出来て給料はアップ。それ以外の人達は給料が上がらないままなのです。
 
スポンサーリンク




 

3. 就職氷河期世代でチャンスに恵まれなかった

就職氷河期世代でチャンスに恵まれなかった」というのも理由の一つです。特に40代前半の人達(私も含みます)は「就職氷河期世代」です。

就職氷河期とは1990年代後半から2000年前半で、この頃に社会人になった人達は就職するのにに苦しみました。

せっかく大学や専門学校で専門知識た技術を得ても、それに見合う仕事に就けない人が多くいました。また正社員になる事が出来ずに、非正規雇用として入社した人も沢山いたのです。

この世代は転職を繰り返したり非正規雇用だったりで、元々の給与ベースが低い状態で今現在まで来ています。企業はそういった状況の人達の給料を、よほどな事がない限り上げません。

その環境で何か大きな成果をあげたりすることがないと、チャンスが巡ってこない世代なのです

 

4. 年功序列制度が崩壊した

これはもう当たり前になっている事で、これを読んでいただいている皆さんも感じていることだと思います。

年功序列制度の崩壊です。

今までは会社に在籍して年数を重ねるだけで基本給が上がっていきました。年齢と同じくらいの給料をもらう事が出来ていたのです。

でもそれは戦後の高度成長期だったから通用するシステムで、今では全く通用しません。生産性が悪すぎるのです。

それだけ沢山の給料をたくさんの人に払うよりも、ごく少数の仕事とが出来る有能な人に支払った方が、会社としては利益率が上がります。

完全に成果主義のシステムへと変わってしまいました。

これは40代に限った話ではありません。すべての社会人に言えることです。でも40代の給料が上がらない理由の一つでもあるのです。

 

40代の給料が上がらない問題を対策する方法

読んでいてなんだか悲しくなってくる内容ですが、悲観してもしょうがないですよね・・・!

生きている限り何とかするしかありません。でもこれらの問題に対しても、ちゃんと解決方法があります。それは、
 

  • 副業をする
  • 転職して副業をする

 
これが、40代で給料が上がらない問題を解決する方法です。

これは実際に私が実践している方法でもあります。以下は私の体験談です。

 

自分の経験から

私は今工場で働いていますが、以前は営業の仕事をしていました。その営業職は30代になってから始めたんですが、途中から副業もやっていました。

その時にいた仕事で店長という仕事も頂いたのですが、給料は安く今のままでは貯金も出来なければ結婚も出来ない!と思っていました。(今もしていませんが笑)

そして会社の先輩たちを見てみると、役職が上がった、給料が上がったという事も聞かず、挙句の果てには会社を辞める人が結構いたのです。

30代半ばで会社を辞めて転職をする勇気もその時はなかったので、給料に対して足りない分を副業で埋めようと思い始めたのが「webライティング」という副業でした。

これはホームページやブログなどに載せる文章を代わりに書くという仕事で、これで月に3万円位を頂くようになったのです。

この時の3万円というのはとてもありがたく、結構生活を助けてくれたし貯金も出来るようになりました。月3万円というのは年収が36万円も上がったことになります。これはすごい事だな、とつくづく感じていました。

実はその後に同じ友人がきっかけで、その文章を載せるホームページやブログを載せるサイトの運営をして「アフィリエイト」という仕事の方をやった方がいいよと言われて、このアフィリエイトを始めたのです。

実はその後に、会社にいた数人が会社の業績不振でリストラにあってしまったのです。その会社は数か月後倒産してしまいました・・・。

その時にアフィリエイトの可能性を感じていたので、思いっきりアフィリエイトが出来る環境をつくるのを優先順位1位に決めました。それで工場に転職する事に決めたのです

知ってましたか?40代の転職は工場勤務×副業が最強です

2019年10月15日
 
結果的に今の私は、
 

  • 工場勤務の収入
  • webライティングからの収入
  • アフィリエイトの収入

 

の3本の収入源を確保することが出来ました副業の方はまだまだ大きな収益にはなっていませんが、経済的に精神的にかなり大きな支えになっていることは確かです。

転職も私の場合はリストラにあったのでやむなくした、という感じです。

でも、給料が上がる可能性が無い所でぐずぐずしているよりも、少しでも給料が上がる可能性がある所に転職するのは良い方法の一つです。

そして今の時代、給料が大きく上がるという事はもうほぼありません。でも副業というのは、給料よりも収入の幅をコントロールすることが出来ます。

この、「副業をする」「転職をして副業をする」という解決法、一度自分の中で考えてみてください。

 

40代の給料が上がらない問題の理由と解決策まとめ

今回は「40代の給料が上がらない理由」を調べました。その結果、
 

  • 管理職のポストが空いていない
  • 40代は人口が多い
  • 就職氷河期世代でチャンスに恵まれなかった
  • 年功序列制度が崩壊した

 
という事が分かりました。

そしてその解決方法として、
 

  • 副業をする
  • 転職して副業をする

 
という事を提案しました。

副業というのも、なかなか手が出せない・難しそうだ・続くかわからないという人もいますし、転職だって40代でするのはとても勇気がいる事です。

でも今から転職する人はまだまだ増えると思うし、副業が解禁された今副業を始める人も沢山増える事でしょう。

増えるという事は、それは拡大市場だという事です。取り巻く環境は整備されて、今よりもっと転職と副業はやりやすくなっていくので、安心してください!

まずは、少しでもいいのでそれらの事について調べてみる事から始めてもいいと思います。

私も出来たので、皆さんでもきっと出来るはずです!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

40代で転職に失敗したくない男性は転職エージェントを利用すべき

2019年11月8日
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です