40代男性の副業おすすめ5選〜不安なら今から備えるべし!

アラフォー世代から40代になって、

副業を始めたいけど何を始めていいかわからない
自分でも副業ができるか不安

という方、結構沢山いると思います。

実は、この記事で紹介している「40代男性の副業おすすめ5選」を読むと、40代男子におすすめの副業が分かるようになっています。

私も今ちょうど40歳(この記事を書いている2019年11月時点)なのですが、紹介している副業をする事で、少ないですがお小遣い程度の副業収入を頂けています(ありがたや・・・涙)

今回この記事では、そんな40代男子におすすめの副業を5つ紹介していこうと思います。

この記事で分かる事
  • 40代の男子におすすめの副業5選

スポンサーリンク




40代男性の副業おすすめ5選

私が40代男子におすすめする副業は、

  1. ブログ
  2. アフィリエイト
  3. webライティング
  4. YouTuber
  5. 動画編集

 
の5つです。

基本的に全て在宅でできる副業です。尚且つパソコン1台ということが共通点です。

40代の男性は、家庭を持っている方が多いし、体力的に本業以外に外に出てアルバイトなどをするのは本当に大変です。

なのでおすすめする副業は、在宅でできてパソコンがあれば出来るものが一番です。

次の項からこれらを深掘りしていきたいと思います。

1. ブログ

まず最初がブログです。

もっと詳しくいうと、自分で書いたブログに広告を貼りその広告から収益を得るという事です。

この広告も2種類あって「クリック型」「承認型」に分かれます。

クリック型は、その広告をクリックすると報酬が発生します。大体1クリック平均30円と言われています。なのである程度の収益を発生させるには、沢山のPV(そのサイトが見られた回数)を集めなければなりません。

このクリック型で一番有名なのが「Googlアドセンス」です。これはGoogleが行なっている広告サービスのことで、審査に通れば無料で活用することができます。

このGoogleアドセンスは運営しているブログの内容や、閲覧している人が普段どんなものを好んで検索しているかで、表示されるものが違います。

クリックしやすいテーマをGoogleが選んで、代わりに表示してくれているんですね。

承認型はその広告をクリックしてその広告主のサイトに飛びます。そしてそこで物やサービスが売れれば報酬が発生します。

報酬額は、扱っている商材やサービスで異なりますが、金融系・保険系・美容系・投資系・転職系などは結構報酬額が高めです。

ブログ運営のメリットは、参入障壁が低く誰でも参加しやすい事です。費用もドメイン代とサーバー代で年間2万円もかからないですし、在宅でコツコツ作業することができます。

しかも書いた記事は消えることなく残り続けるので、描いた記事が3年後読まれて広告がクリックされても収益は発生します。

資産型ビジネス」です。

しかしデメリットとして、すぐに収入が入ってきづらいということがあります。

ブログは、まずは読んでもらわないことには収益に繋がりません。最初のうちはGoogleやyahoo!で検索しても上位に自分の記事が来ることはありません。
(コツコツ努力&工夫すれば大丈夫です)

私はこのブログを副業に選んで行なっています。詳細はこの記事の最後でお話ししたいと思います。

 

2. アフィリエイト

次がアフィリエイトです。このアフィリエイトは先ほどのブログと同じような形での収入が入ってきます。

基本的にクリック型と承認型の広告を載せてそこから収入が入ってくるのは同じなのですが、そのサイトのテーマが特化されているのが特徴です。

例えばブログは様々なテーマが混在している場合が多く、アフィリエイトサイトの場合は同じテーマで統一されている場合があります。

例えば私が運営しているこのサイト「30代40代のおじさん転職指南所」はブログのような形態ですが「40代男性の転職」をメインテーマにして運営していますので、アフィリエイトサイトと言えます。

しかしこのアフィリエイトは「ブログアフィリエイト」と呼ばれることもあるので、総称して「ブログ」と読んでもいいと思います。

このメリットデメリットも先ほどのブログと同じですが、1つのテーマに統一されたサイトの場合、Googleのアップデートで圏外に飛ばされたり大きく順位変動が行われたりすることがあります。

これはここ近年かなり頻繁に起こってます。

しかしどれとは逆に、ある程度特化されているサイトの方がGoogleに評価されやすいという側面も持っており、一長一短です。

どちらが優れていてどちらがダメと決めることはできないので、本人がどちらがいいか感覚で決めるということが一番だと思います。

 

3. webライティング

3つ目はwebライティングです。

このwebライティングというのは、企業や個人が運営しているブログやアフィリエイトサイト、もしくはホームページに記載されている記事を代わりに書き報酬を得るという仕事です。

この記事を依頼したい企業や個人をつなげるサービスを行っている会社があり、そこに無料で登録します。そして自分にあった案件を探して申し込むといった形になっています。

1文字いくらと設定されている案件が多く、1文字0.5円〜5円と案件や内容によって様々です。そして何文字以内でこれだけ書いて描いてくださいと指示があり、そこでだいたいどのくらい収益が発生するか決まります。

例えば「1文字1円・2000文字の記事を1ヶ月で15記事書く」という案件であれば、その月の収益は3万円になります。

このサービスを行っている会社として、クラウドワークスランサーズなどの会社があります。

このwebライティングのメリットは、書いたら書いた分だけすぐに収益と直結するということです。初心者でも詳しく指導するので大丈夫ですと謳っている企業や個人も多いので、書きながらスキルを学べます。

最初は1000文字書くのも大変かもしれませんが、小学校レベルの文章が書けるのであればコツを掴めば1000文字であれば1時間もかかりません。

ブログを運営しようと思っている人にとっても、ライティング技術が学べるのでおすすめです。

デメリットは、労働収入だということです。書き続けないと収入にならないので、きちんとスケジュール管理をして時間を確保しなければなりません。

 

4. YouTuber

4つ目はYouTuberです。

YouTuberは自分で動画を撮り、それを編集しYouTube内で投稿し、その動画の途中や掲載されている広告がクリックされると収益が発生する仕組みになっています。

何を今さら笑!と思う方もいるでしょうが、このYouTuberは今からが本当の波が来ると思っています。

日本の動画市場は拡大を続けていて、国内動画広告市場は2018年には1834億円、2019年には2312億円にも登ると言われています。

そして2020年には2900億円、2024年には4957億円と2018年の2倍以上に拡大すると予測されています。

このYouTuberですが、ただ動画を撮って投稿すれば波に乗って稼げるというわけではありません。

どうすればいいかというと、「質の高いコンテンツ」を作っていかないといけません。質の高いコンテンツとは「視聴者が求めているものをわかりやすく伝えている動画」ということになります。

これは非常に難易度の高いことです。YouTube側もモラルに反する動画を投稿しているアカウントを強制排除する動きをここ最近顕著に見せています。

しかし視聴者が求めるものを的確に捉えて、それをわかりやすく配信することが出来たらもうこっちのものです。

今YouTubeを見てみると、そういった具体的なノウハウを詳しく解説していない動画が少ないものが多いので、その隙間に参入していけば今からでも十分に太刀打ちできると思います。(2019年11月現在)

このYouTuberもメリットとしてブログと同じで、資産型の収益形態になります。スマホがあれば、自宅でも撮影できるし編集も独学でも十分いけます。

デメリットとしては、撮影から編集まで時間がかかる・収益化できるまで時間がかかるということです。この点もブログと似ています。

 

5. 動画編集

5つ目は動画編集です。

これはYouTuberと似ているところがありますが、YouTuberからの外注先ということになります。

YouTuberは自分で撮影と編集をする人と、動画だけ撮影して編集は外注するという人に分かれます。

こういったYouTuberが先ほど話したクラウドワークスやランサーズなどの会社を通して編集を依頼し、編集できるスキルを持っている人がその案件を受けるという形になります。

だいたい1本の動画編集で、5千円前後と言われています。週に4本、月に16本の編集作業で8万円です。結構大きい金額ですよね。

動画編集難しそう!と思う方もいるかもしれないですが、例えばMacの動画無料アプリのiMoveでも簡単な編集はできますし、このアプリで編集してあげているYouTuberは沢山います。

基本的な編集であれば、独学で可能です。今から初めても、仕事が終わってからや週末だけ勉強してもきっちり3ヶ月勉強すればある程度のスキルは身につきます。

YouTuberだけではなく今からは企業や学校などからも依頼主はどんどん増えていくので、動画編集はチャンスですね。

この動画編集のメリットはある程度のスキルで高単価の案件の仕事ができる編集スキルが身につくというところがあります。

逆にデメリットは、労働収入である・依頼主の要望に的確に答えないと仕事がないという点です。

案件を日々こなさないと収入はありません。そして編集の要望に対して的確に答えていかないと依頼主から契約を切られてしまいます。

なので編集スキルや要望を的確に把握するというスキルも一緒に鍛えていかなければならないのです。

でもそれをマスターすることができれば、もう最強の動画編集者の誕生です。
 

スポンサーリンク





 

私がやっているブログ運営とwebライティング

この中で私は、「ブログ運営」と「webライティング」の2つの副業をしています。

ブログ運営は今の時点で数千円なのでまだまだ今からです。そしてwebライティングの方は、アフィリエイトサイトの外注先として、月に10記事くらい書いていて、10,000円くらい頂いています。

私の場合ブログ運営がメインの副業なので、webライティングの方にはそんなに時間をかけていません。なので副業に使える時間の9割をブログ運営に使っています。

これは、実際に副業を取り組む人の価値観や考え方で変わると思うので、好きなもの・好きな方法を選ぶといいと思います

このブログ運営ですが、アメバブログやライブドアブログのように無料でできるブログではありません。

  • サーバー
  • ドメイン
  • ワードプレス

を使って運営するブログのことです。

いきなり専門用語でわからない!という方もいると思いますのでわかりやすく説明すると、

サーバー・・・住んでいる都道府県
ドメイン・・・住所
ワードプレス・・・家

みたいな感じです。

サーバーとドメインを契約して、ワードプレスでブログを書きその3つを紐付けするようなイメージですね。

サーバーとドメインは有料で、サーバーは年間約13,000円、ドメインは数百円のものから数千円のものまで金額には幅があります。

これでやっとブログ運営の準備が整います。詳しく書いていくと、かなりのボリュームになってしまうのでこの辺で止めておこうと思います笑。

 

他にもこんな在宅副業もあります

在宅でできる副業ですが、他にもこんなものがあります。

  • せどり・転売
  • プログラミング

です。

せどり・転売というのは、簡単に言えばものを安く仕入れてネットで高く売る、という仕事です。

例えば、中古ショップや家電量販店などで古本や家電を安く買い、Amazonや楽天で買値よりも高く売ります。その差額が利益になります。

実はこのせどり・転売は、短期間でもコツを掴めばかなりの利益を上げることができる副業で、月に数百万を稼ぐ人をゴロゴロ出しています。

しかしそこまでたどり着くためには、やはり膨大な作業量をこなさないといけません。仕入れてネットに出品して、売れたら梱包と配送。これを繰り返さなければなりません。

かなりの労働収入になります。

そしてプログラミングは、コンピュータに対するプログラムを作成してホームページやアプリを作成します。

このプログラミングですが、今深刻な人手不足に陥っています。需要に対して供給が全く追いついていない状況です。

プログラミングは独学でもできますが、挫折してしまう人が8割以上でとても大変ですができないことはありません。専門のオンラインスクールで学んでそのまま就職を支援してくれるというところまで現れています。

TechAcademyCodeCampが有名です。

このプログラミングですが副業にももちろん向いていますし、フリーランスとして頑張ることもできるので、やり甲斐はあると思います。

ただこの「せどり・転売」「プログラミング」ですが、私的にそんな知識があるわけでもないので、思いっきりおすすめすることはできません。

それにこれは完全に私の価値観からの意見なのですが、私がこれから副業を新たにするのであれば、資産として残すことができる「YouTuber」をすると思います。

そしてそれに伴う形で「動画編集」をすると思います。

労働収入である「せどり・転売」「プログラミング」をするよりも、あとあと残って収益を作ってくれる「資産型」の副業を選びます。

なので自分でこれからの人生設計をきちんと考えて、価値観に合ったものを選んでくといいと思います。

 

40代男性の副業おすすめ5選まとめ

私は40代の男性がやる副業として、

  • ブログ
  • アフィリエイト
  • webライティング
  • YouTuber
  • 動画編集

をおすすめします。

これらは空き時間に在宅でできて、尚且つパソコン1台あれば出来るからです。

しかしながらこれらの仕事は、やはり簡単ではありません。少しかじった程度で稼げるほど甘くはないのです。

空いた時間でコツコツやらなければなりませんが、本業と同じくらい真剣に向き合わないと収益は発生しません

なので始めた8割の人は途中で諦めてしまいます。(私もまだまだ稼げていないので偉そうなことは言えませんが・・笑)

とにかく「続けること」が大事で、その中で「考え工夫しチャレンジする事」がとても大事です。

私は「副業」というよりも、「複業」と考えた方がいいと思います。

この副業は他人から強制されるものではなく、自分で能動的に頑張るしかありません。

なのでその中からスキルや収益以外に、様々な人生の学びがあると思っています。これは40代になってなかなか勉強できないとても貴重な事だと思っています。

でも頑張って続ければ必ず収益はついてきます。

40代男子の皆さんも、もし副業をしたいのであれば、これらの中から自分に合うものを選んでトライしてみてください!

40代で転職したい男性は転職エージェントを利用しよう

2019年11月8日
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です