40代男性の転職はブランクがあっても考え方次第で好転します

前職を退職後1年のブランクがあるけど転職できるかな・・・?
いろんな理由でやっと転職活動再開できる、でもブランクあるけど大丈夫?

こんな悩みに答えていきます。

世間一般的には40代で転職する場合ブランクがあると不利だと言われています。

ただでさえ40代での転職は難しいのにブランクがあったらオワコンだよ!!

こんな嫌な事を言う人もいますが、私はそうは思いません。

今回は40代男性の転職はブランクがあっても考え方次第で好転できる理由を説明していきます。

 

この記事で分かること
  • 40代男性の転職はブランクがあっても好転できる理由
  • ブランクがあっても転職を成功させる方法

 

スポンサーリンク





 

40代男性の転職はブランクがあっても考え方次第で好転します

40代男性の転職はブランクがあったら転職は不利!

と言う意見がありますが私は、

全く問題ない

と思っています。

ではなぜ40代男性の転職はブランクがあったら転職は難しいと言われるのでしょうか?

 

40代男性の転職はブランクがあったら終わりと言われる理由

40代男性の転職はブランクがあったら終わりと言われる理由それは、

  • 履歴書や職務経歴書にブランクがあるだけで書類選考を通過できない
  • 面接でブランクがある事を話すとマイナス印象を与える
  • 少しずつ転職のモチベーションが落ちる

からです。

転職をする際は面接前に必ず書類審査があります。

ここに数ヶ月や数年のブランクがあると、担当者は「何か問題があるのかも・・」と考えます。

面接事でもブランクがあるとマイナスの印象を持ってしまうことも多いです。

そして書類選考ダメ面接もダメとなると、次もまたダメかもと考えてしまいなかなか次へと行動できなくなります。

こういった悪循環のために40代男性でブランクがあると転職が難しいと言われるのです。

 

40代男性がブランクがあっても転職できる根拠

でも待ってください。ということは上記の3点をクリアできれば、ブランクがあっても転職できるということですよね?

そうなのです大事なのは、

ブランクが生じた理由をきちんと伝える
そこを踏まえればブランクがあっても大丈夫だと自信を持つ

この2つを抑えてけば40代男性でブランクがあっても転職できます。

これが私が自信を持って転職できると言い切れる根拠です。

ブランクが生じてしまう理由として、

  • 家族の急病で会社を辞めて看護しないといけなくなった
  • 出産や育児で会社を辞めないといけなくなった
  • パートナーの転勤で住む場所を変えないといけなくなった
  • 自分の病気や怪我による離職

 

があります。

これらの離職理由はよくあることなので、卑下することはありません。

それらをきちんとわかりやすく担当者に伝える工夫をしましょう。

そしてブランクがあって転職する人は沢山いる、自分も大丈夫だと自信を持ってください

きちんと伝えたのに採用されなかったら、縁がなかったか自分の力を理解できない会社なんだと腹をくくりましょう。

ただでさえ40代での転職は難しいのです。10社や20社断られたってなんのそのです!

 

スポンサーリンク





 

ブランクがあっても転職を成功させる方法

ブランクがあっても転職を成功させる方法それは

  1. 伝え方を工夫する
  2. マイナスをプラスに変える

 

この2つです。

 

1. 伝え方を工夫する

1つ目は伝え方です。

ブランクがある理由+能力・実績をアピール」をきちんと伝えることができれば書類選考と面接はまず安心です。

例えば、

例1
親が病気をし介護が必要となり会社を退職しました。
今は親が近所の施設に入所できるようになったのでまた働くことができるようになりました。
前の職場では〇〇というスキルでこれだけの結果を出すことができたので、それを活かせる仕事を探していました。

例2
子供の受験で県外に引越さなければならなくなったので退職しました。
今では子供も大学へ進学し手がかからなくなったので、以前の仕事で培ったスキルと実績を御社でも生かしたいです。

 

このように「ブランクがある理由+能力・実績をアピール」をセットで伝えましょう。

ブランクがあってもなくても40代の転職で大事なのは「職歴」「即戦力」です。

ブランクがあってもどんな理由があっても、その人に必要なスキルや実績があれば会社は欲しいと思うはずです。

あとは本人の人間性や合う合わないという要因もありますが・・。

ここはしっかり抑えておきましょう。

 

2. マイナスをプラスに変える

2つ目はマイナスをプラスに変えるです。

ここでいうマイナスとはブランクのことです。

どんなに理由があってもブランクがあれば気持ちは落ちるしモチベーションは下がります。

特に怪我や病気をしたり、上記した悪循環におちいるとそれはひどくなります。

なので「このブランクがあったからこそ自分は成長することができた!」というストーリーを伝えるのです。

例えば、

私は交通事故に遭い生死の境をさまようほどの大怪我をしました。

それに伴い退職を余儀なくされたのですが、仕事をしていない期間に様々な事を学びました。

人生は一度きりだという事、大事な人を守りたいという事、身につけたスキルや実績で世の中を幸せにしたい。

もっと学んだことは沢山ありますが再び仕事につけるように、

自分の経歴の棚卸し、運動、読書、趣味を充実させるなど様々な事を楽しみながら実践してきました。

これらのことを御社でも生かしていきたいと思います!

 

というような形で履歴書や職務経歴書に書き、面接でも伝えましょう。

面接ではただ話すだけではなくて、実績や経歴とやりたいことと貢献できることを熱量を持って伝えれば大丈夫です。

そこまでやり切ってダメだったら次にいけばいいのです。

ブランクがあっても転職したい場合は転職エージェント

ブランクがあっても転職したい場合は転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントとは多くの40代男性が利用している転職サービスです。

希望とする求人を紹介・書類や面接のアドバイス・会社訪問や面接の日程調整などの転職支援を無料で行ってくれるサービスです。

どんなにブランクがあってもその人の状況に合ったアドバイスをしてくれるので、ブランクがある40代男性におすすめです。

転職エージェントに興味がある人はこちら

 

とある40代友人の転職経験談(ブランク1年3ヶ月!)

私も友人に1年3ヶ月ものブランクがありながら転職を成功させた人がいます。

Nさんです。

Nさんは前の会社の先輩でわたしとは違う県で同じ系列会社の店長をしていました。

そんな彼もわたしと同様にリストラを告げられるのです。

ほぼ同時期に会社を辞めた私達。

わたしはすぐに転職活動をしましたが彼はのんびりしていました。

わたしは聞きました。

「なんでそんなに余裕なの?すぐに仕事見つけないと不安じゃないんすか?」

彼は言いました。

「せっかく自由になったから少しだけフリーダムに生きたい」

ということで約1年くらいパチプロとなり月40万くらい稼いでいました・・笑
(そのままパチプロブロガーになることをわたしは勧めました笑)

何度かNさんと熊本で飲んだのですが、めちゃくちゃ楽しそうでパチプロを謳歌していました。

その後彼はパチプロに飽きたのか、バスの運転手へと転職することになります。

何が言いたいかというと、

やっぱりブランクなんて関係ない

ということです。

大事なのは「ブランクがあっても大丈夫だ」と思うこと。

逆にNさんと同じようにブランク期間は旅に出たり趣味に興じたりした方がいいかもですね。

心にたくさんの栄養を与えましょう♪

 

40代男性の転職はブランクがあっても考え方次第で好転します~まとめ~

今回は40代男性の転職はブランクがあっても考え方次第で好転できる理由を話してきました。

その中で大事なのは、
 

  • ブランクが生じた理由をきちんと伝える
  • そこを踏まえればブランクがあっても大丈夫だと自信を持つ

 

そして、

 

  • 伝え方を工夫する
  • マイナスをプラスに変える

 

ことです。

40代の転職はもともと大変だと言われています。

でもそれを克服するノウハウは出来上がっています。

それにブランクがあるからと自分を追い詰めても何もいいことはないのです。

むしろそれをプラスに変えることができれば、全部ひっくり返すことができます

皆さんももしブランクがあって転職したいのであれば、気持ちを楽にブランクを武器に変えて転職活動に臨んでください!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です